信州ブレイブウォリアーズニュース

信州−群馬 今季自己最多の21得点を挙げた信州の鹿野

 バスケットボールのTKbjリーグは27日、各地で10試合を行った。東地区7位の信州ブレイブウォリアーズは上田市自然運動公園総合体育館で、同9位の群馬クレインサンダーズと対戦し、97―90で競り勝った。信州は4連勝で通算成績を23勝23敗とし、勝率を5割に戻した。順位は7位のまま。
 信州は第1クオーター(Q)、ギブソンの11得点の活躍などで5点をリードした。しかし、第2Qは群馬のケネディに12得点を許すなど後手に回り、3点差に詰め寄られて前半を終えた。第3Qはミスが目立ち、71―70とされたが、第4Qは鹿野の3点シュートなどで抜けだし、逃げ切った。
 東地区5位の福島がプレーオフ進出を決めた。信州は4月9、10日に松本市総合体育館で東地区4位の新潟アルビレックスと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ