信州ブレイブウォリアーズニュース

信州ブレイブウォリアーズの選手たちとミニゲームをする子どもたち

 駒ケ根市民体育館で2日、プロバスケットボール男子TKbjリーグ・信州ブレイブウォリアーズのバスケットボール教室があった。同体育館の改修工事を3月に終えたのを記念し、市教育委員会が主催。市スポーツ少年団の小学生や中学生ら約80人が、選手たちからドリブルを教わったりミニゲームをしたりした。
 椎名雄大(32)、上田貴浩(28)、鈴木大(25)、花野文昭(21)の4選手が参加。ミニゲームでは華麗なパス回しやダンクシュートなどを披露し、子どもたちや観客から拍手が送られた。
 今季のbjリーグは終盤戦に入っている。椎名選手は子どもたちを前に「今日の教室をヒントに個人個人で練習を頑張ってほしい。応援もよろしくお願いします」と呼び掛けていた。

新着ニュース

記事アーカイブ