信州ブレイブウォリアーズニュース

 内外角のプレーを堅実にこなす力とチームを引っ張る統率力を兼ね備える。小野寺監督が「彼はチームにとって要の存在」と一目置く29歳の実力は各国を渡り歩いて磨いた。
 全米大学体育協会1部のカリフォルニア大を卒業後は、トルコやbjリーグの岩手(1部)、ドイツなどでプレーした。特に力を付けたのはドイツ時代だ。「試合中に1度でもミスをすればベンチに下げられた」という緊張感の中で守備やパスの連係、ポジショニングなどを必死に学んで、プレーの幅を広げた。昨シーズンはbjリーグの仙台(1部)でプレーし、主力としてチームの東地区2位の躍進に貢献した。
 趣味は似顔絵などを描くことで、販売して得た売上金を小学校などに寄付した経験もある。「チームを優勝に導くことはもちろん、地域の人たちとも良い関係を作りたい」と笑顔で語る。203センチ、106キロ。

新着ニュース

記事アーカイブ