信州ブレイブウォリアーズニュース

信州―茨城 第1クオーター、速攻からレイアップシュートを決める信州の武井

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の第11節は11日、各地で行われた。中地区6位(最下位)の信州ブレイブウォリアーズは松本市総合体育館で東地区3位の茨城ロボッツと対戦し、55―60で敗れた。信州は6連敗で、通算成績は6勝16敗。順位は6位のまま。
 信州は第1クオーター(Q)序盤こそ武井の速攻などでリードを奪ったものの、逆転を許して6点をリードされた。第2Qは鈴木、斎藤崇が3点シュートを決めるも、終盤に点差を離されて前半を24―33で終えた。第3Qは激しい守備からの速攻や上杉のゴール下での得点などで2点差に迫った。第4Q序盤に逆転したものの、最後はミスから失点して競り負けた。
 信州は16、17日に松山市の愛媛県総合運動公園体育館で西地区4位の愛媛オレンジバイキングスと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ