信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子Bリーグの公式カップ戦「アーリーカップ北信越」が7日、千曲市のことぶきアリーナ千曲で3日間の日程で始まる。B2信州で公式戦初采配となる勝久監督は「頂点を目指し、1試合1試合を全力で戦う」と意気込む。
 信州はアーリーカップ初開催の昨季、東海・北陸地区に入り、B1勢から2勝を挙げて3位になった。北信越地区で争う今季は、B1の新潟、富山、B2の金沢、群馬の計5チームでトーナメント戦を行う。同地区に参戦予定だったB1の北海道は6日に発生した地震の影響で同日、欠場が発表された。
 信州は昨季終了後、新たに7選手と契約。昨季のアシスト数がB2で2位の石川、B1でも実績のあるマーシャルや佐藤を獲得し、「力のある選手が集まり、楽しみなチームになった」と指揮官。一方で、攻守の連係は発展途上であり、「多くの選手に出場機会を与え、チームの成長具合を確かめたい」と語る。
 大会は、今季から信州のホームアリーナとなる同アリーナのこけら落としも兼ねる。フォワードの上杉は「開幕前に新しいアリーナで試合ができる貴重な機会。真剣勝負の中で、ゴールまでの距離感などをつかんでいきたい」と語った。

新着ニュース