信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは13、14日、千曲市のことぶきアリーナ千曲で西地区の奈良と対戦する。信州はチーム記録に並ぶ開幕4連勝で中地区首位に立つ。
 奈良は昨季途中に就任した石橋監督が続投。B1経験者4人を補強し、19勝41敗で西地区最下位(6位)に沈んだ昨季から戦力の底上げを図った。ハミルトン、パーマーの両外国人を軸にボールを回し、3点シュートの成功率が70%を超える本多らが外角から得点を狙う。経験豊富な前村、横江のポイントガード陣にも注意が必要だ。信濃の勝久監督は「手ごわい相手。やりたいバスケをさせてはいけない」と警戒する。
 前節2試合で計99得点を挙げたマーシャルとマクヘンリーへのマークは厳しくなる可能性があり、日本人選手の攻撃が鍵を握りそうだ。

新着ニュース