信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは19、20日に前橋市のヤマト市民体育館前橋で東地区の群馬と対戦する。開幕6連勝で中地区首位を走る信州は、19日の試合に勝てばチームの連勝記録に並ぶ。
 群馬はここまで4勝2敗で東地区2位。9月上旬のアーリー杯では信州が97―68で快勝したが、勝久監督は「当時の群馬は故障者が相次いでおり、今はまったく別のチーム」と油断はない。
 大黒柱のケネディは、1試合平均得点がB2で2位の25・2点と爆発力がある。その得点力を支えるのは、206センチのクウソーを中心としたリーグトップの82個のオフェンスリバウンド数だ。勝久監督は「ルーズボールに勇気を持って飛び込み、相手に勢いを与えないプレーが大切」とする。攻撃では、群馬のゾーン守備を攻略したい。

新着ニュース

記事アーカイブ