信州ブレイブウォリアーズニュース

24日からの試合に向けて調子を上げている三ツ井

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは24日に八王子、27、28日にFE名古屋と千曲市のことぶきアリーナ千曲で対戦する。信州は開幕8連勝で中地区首位を快走。対戦する2チームは同じ中地区で、この3試合は序盤のヤマ場になりそうだ。
 八王子は得点源のナッシュを含め、ゴールまでにスペースがあれば積極的なドリブル突破を狙う選手が多い。被ファウル数はB2で最多の170と注意が必要だ。一方で外角シュートの精度は低く、信州はゴール下を固めて相手を外に追い出したい。
 FE名古屋は6勝2敗で中地区2位。1試合平均90・3得点はリーグトップで、中でも208センチのホーキンソンと214センチのスタツの両助っ人は支配力がある。
 信州の勝久監督は「簡単には止められない2人。今まで以上にチームディフェンスが必要になる」と語る。組織的な守備で相手のミスを誘い、奪ってからは素早い展開でゴールにつなげたい。

新着ニュース

記事アーカイブ