信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは2、3日、兵庫県洲本市文化体育館で同じ中地区の西宮と対戦する。信州は前節に今季初黒星を喫し、開幕からの連勝が10でストップ。首位の座を守るため、再び連勝を重ねたい。
 信州は、大黒柱のマーシャルが10月28日の試合で相手との接触時にあごから出血。31日の練習には参加せず、今節の出場は微妙な状況だ。身長が190センチ台の上杉、三ツ井らが代役候補だが、211センチのマーシャルに比べてゴール下の支配力は劣るだけに、ガード陣と連係した守りの出来が勝敗の鍵を握る。
 B1から降格した西宮はここまで2勝9敗と苦しむが、バーンズら昨季の主力は残留し、地力はある。谷、道原は40%を超える3点シュート成功率を誇り、得点力はB2の日本人選手でもトップクラスだ。信州の勝久監督は「簡単にシュートを打たせないことが何よりも重要になる」と話す。

新着ニュース