信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは10、11日、高松市総合体育館で西地区5位の香川と対戦する。信州は通算成績が11勝2敗で中地区首位。同2位のFE名古屋がゲーム差1に迫っているだけに、連勝で首位を守りたい。
 信州は脳振とうの影響でマーシャルが前節2試合に欠場したが、8日の練習では軽快な動きを見せるなど今節から復帰する見通し。ここまで1試合平均得点が21・7点とチーム最多の助っ人は「(状態は)問題ない。監督のゲームプランを遂行する」と意気込む。
 香川は1試合平均得点数がリーグ17位の68・2点だが、爆発力のあるウッドベリーは注意が必要だ。3日の金沢戦では31得点を奪っており、信州の勝久監督は「40分間集中を切らしてはいけない相手」。マークの受け渡しを徹底し、ウッドベリーにフリーでシュートを打たせない守りが鍵を握る。

新着ニュース