信州ブレイブウォリアーズニュース

香川-信州 第2クオーター、ドリブルで切り込む信州・栗原

 バスケットボール男子のB2は10日、高松市総合体育館などで9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは西地区5位の香川に75―71で競り勝った。信州の通算成績は12勝2敗。

 信州は序盤からシュートの精度を欠き、28―30で前半を終えた。第3クオーター(Q)は球際の激しい守備からリズムをつくり、マクヘンリーの10得点の活躍などで逆転。第4Qは一進一退の攻防が続いたが、56―59からの15連続得点で再びリードを奪った。猛攻を受けた終盤に1点差まで迫られたが、栗原、マーシャルのフリースローで逃げ切った。

 信州は11日に同体育館で再び香川と対戦する。

新着ニュース