信州ブレイブウォリアーズニュース

信州―広島 第4クオーター、シュートを阻まれる信州・マーシャル(中央)

 バスケットボール男子のB2は18日、千曲市のことぶきアリーナ千曲などで9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは西地区首位の広島に73―75で逆転負けを喫した。信州は今季初の2連敗で、通算成績は26勝6敗となった。
 信州は1点リードで迎えた第2クオーター(Q)、大崎の9得点の活躍もあり44―36で前半を折り返した。しかし、第3Qは相手に次々とシュートを決められて1点差となった。第4Qは攻撃陣が13得点に抑え込まれると、73―72の残り10秒で2点シュートを決められ、試合をひっくり返された。
 信州は19日午後2時から、同アリーナで再び広島と対戦する。

新着ニュース