信州ブレイブウォリアーズニュース

首位対決 信州競り負け

01月27日(日)

熊本―信州 第4クオーター、ドリブルで攻め込む信州・大崎(右)

 バスケットボール男子のB2は26日、熊本市の熊本県立総合体育館などで8試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは西地区首位の熊本と対戦し、2度の延長の末、91―94で競り負けた。信州の通算成績は27勝7敗となった。中地区2位のFE名古屋も敗れ、信州とのゲーム差は5・5。
 信州は第1クオーター(Q)、マーシャルの10得点などで6点をリード。しかし、第2、3Qは内角中心の熊本の攻撃を止められず、逆転された。4点を追う第4Qはマーシャル、ロビーの活躍などで追い上げ、終了間際に三ツ井が3本連続でフリースローを決めて同点に追い付いた。1度目の延長は決着がつかず、2度目は熊本に高い精度でシュートを決められて敗れた。
 信州は27日午後3時から、同体育館で再び熊本と対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ