信州ブレイブウォリアーズニュース

信州―香川 第3クオーター、シュートを決める武井

 バスケットボール男子のB2は3日、松本市総合体育館などで7試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは西地区6位(最下位)の香川に89―67で勝った。信州の通算成績は36勝9敗。中地区2位のFE名古屋も勝ったため、ゲーム差は6のまま。
 信州は第1クオーター(Q)、出足の速い守備からリズムをつくり、8点のリードを奪った。第2Qもマーシャルを中心にゴール下を固め、34―22で前半を折り返した。後半に入ると香川が攻勢を強めたものの、落ち着いたボール回しから好機をつくり、徐々に点差を広げていった。
 信州は9、10日、千曲市のことぶきアリーナ千曲で中地区5位の東京Zと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ