信州ブレイブウォリアーズニュース

加藤市長(左手前)と会談する大河チェアマン(右)

 バスケットボール男子Bリーグの大河正明チェアマンが27日、長野市役所で加藤久雄市長と会談し、市が来季にB2(2部)信州ブレイブウォリアーズ(千曲市)のホームアリーナとして市ホワイトリングを提供することへの謝意を伝えた。
 市は来季から、B1(1部)の「5千席以上」の基準を満たすホワイトリングを信州のホームアリーナに提供する。大河チェアマンは加藤市長との会談で「ありがとうございました」と感謝。市長は「チームを育ててきた千曲市と連携して支援したい」と応じた。
 大河チェアマンは会談後の取材に、信州がB1ライセンスを取得できない要因となった財務基準について、「投資に財務基盤が追いつかずつぶれそうになったプロスポーツチームが過去にある」と述べて理解を求めた。信州の運営会社がB1ライセンスの取得申請が受理されなかったことを伏せたまま、ホームアリーナの移転交渉を続けたことについては、「一般論として、フェアでオープンにやることが良い」としつつ、「直接的なコメントは控えたい」と話した。

新着ニュース

記事アーカイブ