信州ブレイブウォリアーズニュース

東京Z―信州 第4クオーター、激しい守りを見せる信州・上杉(左)

 バスケットボール男子のB2は30日、東京都大田区総合体育館などで9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同4位の東京Zに78―66で勝った。信州は通算42勝11敗。2位のFE名古屋も勝ったが、地区優勝へのマジックナンバーは一つ減って「2」とした。31日に信州が勝ち、FE名古屋が敗れた場合は信州の初優勝が決まる。
 信州は第1クオーター(Q)、マーシャルの9得点などで2点をリード。第2Qはゴール下を固めて東京Zの侵入を防ぎ、38―29で前半を折り返した。後半に入っても内角からの攻撃で主導権を握り、逃げ切った。
 信州は31日午後2時から、同体育館で再び東京Zと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ