信州ブレイブウォリアーズニュース

ことぶきアリーナ千曲近くに掲げられた応援バナー

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズの運営会社は24日、千曲市のことぶきアリーナ千曲などで行うB2プレーオフ準決勝(27日開幕)を前に、チームを応援するバナー(旗)をアリーナ近くの通りに掲げた。雨が降る中、片貝雅彦社長や後援会員ら6人は用意した70枚を次々と取り付け、初のB2優勝に向けて機運を高めた。
 バナーは縦約150センチ、横約60センチ。チームカラーの一つの黄色を基調とし、1枚ごとに勝久マイケル監督か選手1人のレギュラーシーズン中の写真を印刷した。片貝社長は「プレーオフを千曲市で開催できるせっかくの機会。(バナーが)大会を盛り上げるきっかけの一つになってほしい」と語った。
 信州は27、28日、西地区2位の島根との準決勝に臨む。2戦を終えて1勝1敗の場合、29日に第3戦を行う。いずれも午後2時試合開始。準決勝を勝ち上がれば、5月4、5日にB2優勝を懸けて同アリーナで決勝を行う。

新着ニュース

記事アーカイブ