信州ブレイブウォリアーズニュース

B2初優勝に導いた今季を振り返る勝久監督

 バスケットボール男子B2で信州ブレイブウォリアーズを初優勝に導いた勝久マイケル監督が22日、信濃毎日新聞のインタビューに応じ、今季の戦いを振り返り、来季への課題を語った。
 ―3年契約の1年目でB2優勝。
 「成長し続けてくれた選手を誇りに思う。日々の練習を大切にしてきた結果、プレーオフでは相手がどんな戦術で来ても戦える自信はあった」
 ―日々成長を掲げた今季、自身が成長した点は。
 「戦術はもちろん、選手に掛けた言葉もより良いものはなかったか自問自答した。新しいチームに今までとは違ったスタイルを植え付けた今季のプロセスは今後も生かしていきたい」
 ―B1を見据え、上積みが必要な部分は。
 「すべての面において成長が必要。B1で優勝したA東京はサイズ(身長)があり、当たり負けしない体づくりは重要になる。ポイントガードの出場時間のほとんどは石川が占めた。目標とするグレート(偉大な)チームになるには競争が欲しい」
 ―チームはオフシーズンに入った。
 「来季の他クラブは信州をより熱心に分析してくるため、ハングリーさを失ったら連覇はない。選手にはオフの間に短所を克服し、プレーの幅を広げてもらいたい。すでに選手たちとは面談して自分の希望は伝えたので、来季の最初の全体練習では成長した姿を示してほしい」

新着ニュース

記事アーカイブ