信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子のBリーグは8日、2019〜20年シーズンの全日程を発表した。2部(B2)で2連覇を狙う中地区の信州ブレイブウォリアーズの開幕カードは9月20、21日に長野市ホワイトリングで行う西地区の広島戦に決まった。
 広島は昨季、西地区3位で、信州との対戦成績は1勝1敗。今季はB2で昨季MVPのケネディや熊本のエースだった古野らを補強した。戦力はリーグ屈指と見られ、信州にとっては力を試す絶好の機会だ。
 第2節は同28、29日に埼玉県越谷市立総合体育館でB3から昇格した中地区の越谷と対戦。最終の第32節は来年4月11、12日で、同地区のFE名古屋と敵地で戦う。会場は未定。
 信州が所属するB2中地区は東京Z、東京EX、越谷、FE名古屋、西宮の6チームで構成。レギュラーシーズンは計60試合(うちホームは30試合)を行う。
 9月中旬に行う公式カップ戦「アーリーカップ北信越」の組み合わせも発表され、信州は準決勝からの登場が決まった。準決勝は新潟県長岡市のアオーレ長岡で15日午後4時から、富山(B1中地区)―群馬(B2東地区)戦の勝者と戦う。

新着ニュース

記事アーカイブ