信州ブレイブウォリアーズニュース

<3点シュートも武器に>
 194センチ、100キロの体格を生かしてゴール下で体を張り、「スリーポイントも武器」。ビッグマンでも外角シュートを狙うのが主流になりつつあり、36歳のベテランは「やっと自分の強みが発揮できる時代が来た」と息巻く。
 滋賀県出身。高校までは内角一辺倒のプレースタイルだったが、筑波大で日高哲朗監督にシュートセンスを見いだされた。攻撃の選択幅が広がり「選手として生まれ変わった」という。
 卒業後、社会人チームを経て、bj時代の2009年に大阪に入団。11〜12年シーズンは京都の主力としてプレーオフ地区決勝に進出し、「選手以上に喜ぶファンの姿に込み上げるものがあった」と振り返る。
 金沢に所属した昨季、信州が中地区優勝を決めた試合に対戦相手として出場。「会場の熱気が京都に似ていた。ここでやってみたいと思った」といい、大阪でチームメートだった勝久監督からのオファーに快諾した。「自分のキャリアは最終盤。もう一度達成感を味わいたい」

新着ニュース

記事アーカイブ