信州ブレイブウォリアーズニュース

約300人のファンが集まって開いた信州の新体制発表会

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは31日、2019~20年シーズンの新体制を発表する催しを長野市内で行った。勝久マイケル監督や新加入5人を含む12選手が出席。約300人のファンを前に、選手らは「今季も良い結果でシーズンを終えたい」とB2の2連覇への意気込みを語った。

 信州は昨季、レギュラーシーズン48勝12敗で中地区優勝。B2プレーオフも無敗で制した。2季目の指揮を執る勝久監督は「目標は変わらず日本一のチームになること」と強調。一方で、「追われる立場になる」と危機感も示し、「短期の目標に集中し、日々成長していきたい」と見据えた。

 アンソニー・マクヘンリー、ウェイン・マーシャルとともに、今季の主将を務める武井弘明は「チャレンジする気持ちを変わらず持ち続けたい」と決意。B1三遠から加入した渡辺翔太は「ドリブルでリングに向かっていく姿を見てほしい」とファンにアピールした。

 信州の開幕カードは9月20、21日。長野市ホワイトリングで広島と対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ