信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは5、6日、奈良市のならでんアリーナで西地区の奈良と対戦する。信州は2連勝中で、通算成績は3勝1敗。同じ中地区の西宮、東京EXがともに4連勝と勢いがあり、信州も連勝を伸ばして追い掛けたい。
 奈良は昨季、通算22勝38敗で西地区4位。今季は1勝3敗だが、9月中旬のアーリーカップ関西ではB1滋賀を相手に102得点を挙げて快勝した。軸は、昨季の1試合平均得点(27・0点)がB2で2位だったフィッツジェラルド。勝久監督は「一人で何十点も取れる選手。絶対に乗せてはならない」と警戒する。
 信州は、第1Qに29失点して苦戦を強いられた9月29日の越谷戦と同じ展開は避けたい。指揮官は「守備のミスはもちろん、要らないファウルも減らしていく」とする。

新着ニュース

記事アーカイブ