信州ブレイブウォリアーズニュース

開幕から先発出場を続ける信州・栗原

 バスケットボール男子B2で中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは16、17日、千曲市のことぶきアリーナ千曲で第10節に臨み、東地区2位の仙台と対戦する。信州は序盤の15試合を終えて13勝2敗。3連勝中の勢いそのままに、他地区の上位相手でも貯金を積み上げたい。
 仙台は2季目の指揮を執る桶谷監督の守備戦術が浸透し、12勝5敗と好調を維持する。3季ぶりにチームに復帰した片岡は、B1京都でのプレー経験も生かして1試合平均12・9得点、8試合連続で2桁得点中と絶好調だ。信州としては片岡にボールを持たせない守りを徹底したい。
 信州は前節の福岡戦の初戦は105得点を挙げて圧勝。2戦目も突出した得点源をつくらずに快勝するなど、パス回しの精度が上向いている。三ツ井は「どこからでも得点できる方が相手は守りにくい。この流れの中で連係をさらに磨きたい」と語った。

新着ニュース

記事アーカイブ