信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子B2で中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは2、3日、名古屋市スポーツセンターで第8節に臨み、同4位のFE名古屋と対戦する。9連勝中の信州は通算10勝1敗。2位東京EX、3位西宮とのゲーム差はわずか1で、混戦から抜け出すためにも勝ち星を積み重ねたい。
 昨季地区2位のFE名古屋は、信州が2勝4敗と唯一負け越した相手。今季は4位ながら8勝5敗と白星が先行している。1試合平均得点(82・9点)はB2で2位。216センチのローソン、208センチのホーキンソンのコンビはゴール下で迫力があり、宮崎、杉本、山本らは高い3点シュート成功率を誇る。
 信州は激しい守りを貫き、相手にフリーの選手をつくらせないようにする必要がある。ファウルを重ねて守備が崩れる状況は避けたい。

新着ニュース

記事アーカイブ