信州ブレイブウォリアーズニュース

FE名古屋―信州 第1クオーター、シュートを放つ信州・マーシャル

 バスケットボール男子のB2は3日、名古屋市中村スポーツセンターなどで第8節の7試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同4位のFE名古屋に86―77で競り勝った。信州の通算は11勝2敗。
 信州は第1クオーター(Q)、内角を攻め込まれて3点のリードを許したが、第2Qはマーシャルの11得点の活躍で同点に追い付いた。第3Qはシュート精度が落ちて得点は伸び悩んだものの、ゴール下を固めて53―52と逆転。第4Qは大崎、西山らの3点シュートなどで33得点を挙げ、FE名古屋を突き放した。
 信州の次節は8、9日。福岡県大川市で西地区の福岡と対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ