信州ブレイブウォリアーズニュース

信州―熊本 第2クオーター、速攻からのレイアップシュートを外す信州・飯田(左)

 バスケットボール男子のB2は23日、長野市ホワイトリングなどで第11節の8試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは西地区3位の熊本に80―82で逆転負けした。信州は今季初の2連敗。通算14勝4敗で、順位は首位のまま。
 信州は第1クオーター(Q)、内角からの攻撃で25得点を挙げて8点をリードした。第2Q序盤も飯田の2本の3点シュートなどで一時18点のリードを奪ったが、中盤以降はリバウンドを支配され、40―33で前半を折り返した。5点リードで入った第4Qは相手に主導権を握られ、試合終了間際に昨季は信州でプレーした熊本・石川の3点シュートで逆転された。
 信州は24日午後2時から、同会場で再び熊本と対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ