信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子B2で中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは17、18日、松山市総合コミュニティセンターでの第18節で西地区3位の愛媛と対戦する。信州の通算成績は26勝6敗で、2位西宮とは5ゲーム差。前節は連勝しており、上向く調子を維持したい。
 信州は前節、攻守にわたってプレーの精度を保ち、これまで連敗のなかった西地区2位の香川を圧倒した。4、5日の福島戦は低調だった栗原が計50得点。けがで西山が欠場したが、代わって先発した渡辺は2試合連続で2桁得点を挙げた。日本人選手が調子を上げてきているのは好材料だ。
 通算17勝15敗の愛媛はここ6試合、失点が増えて2勝4敗。中心は2人の外国籍選手で、ともに190センチ台と高さはないものの、タプスコットはB2で2位の1試合平均28・9得点。ヴォールケルもリバウンドとアシストで貢献する。信州は香川戦のような守りの連係で対応したい。

新着ニュース

記事アーカイブ