信州ブレイブウォリアーズニュース

信州ブレイブウォリアーズの中地区優勝を祝い、長野市役所に掲げられた横断幕

 バスケットボール男子B2信州ブレイブウォリアーズの中地区優勝が決まり、今季からホームタウンに加わった長野市が、優勝を祝う横断幕を市役所に掲げている。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、プレーオフ(PO)が開かれるかは未定だが、市スポーツ課はリーグ優勝やB1昇格に向けて「チームを盛り上げたい」としている。
 横断幕は幅8・2メートル、高さ1・2メートルで、チームカラーの黄色の地に「祝B2リーグ中地区優勝おめでとう!」と記した。多くの人の目に触れるよう、第1庁舎の国道19号沿いの壁に掲げた。今後、リーグ優勝やB1昇格があれば、その都度更新するという。
 信州のホームタウンは今季、千曲市と合わせ2市になり、ホームアリーナは千曲市のことぶきアリーナ千曲から長野市ホワイトリングに移った。B1に昇格するには、ライセンスを取得し、POで上位に入ることなどが必要。

新着ニュース

記事アーカイブ