信州ブレイブウォリアーズニュース

全体練習初日からリーダーシップが光った小野

 バスケットボール男子の信州ブレイブウォリアーズは1日、初挑戦のB1開幕に向け、千曲市内で新チーム初の全体練習を行った。新加入3選手を含む日本人9選手が参加し、国内最高峰リーグに向けた準備を始めた。
 6月初めから少人数での自主練習を続けてきたが、全体練習は約3カ月ぶり。約1時間半の練習ではチーム戦術の確認など軽めのメニューをこなした。
 3季目の勝久監督は「まずはみんなでバスケができて良かった。この2年間でつくったベースを大事しながらレベルアップを目指していく」。チーム最古参となる5季目の三ツ井(長野市出身)は「心強い新戦力が多い。早く息を合わせられるようにしたい」と前向きに語った。
 新シーズンは10月開幕予定で、外国人選手は8月に合流する見通しだ。

新着ニュース

記事アーカイブ