信州ブレイブウォリアーズニュース

初勝利への貢献を誓う信州・佐藤

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)第3節は16〜18日に行われ、西地区の信州ブレイブウォリアーズは17、18日、千曲市のことぶきアリーナ千曲で東地区のSR渋谷と対戦する。信州は開幕4連敗中。今節から新戦力が加わる勢いでB1初勝利を目指す。
 信州は韓国出身の梁宰〓(ヤン・ジェミン)のベンチ入りが濃厚。201センチの21歳はゴール下でもプレーができ、合流が遅れているほかの外国人選手の穴を埋める活躍を期待したい。
 前節の宇都宮戦の第2日は、ホーキンソン以外は比較的小さい選手を並べるスピード重視の布陣で強豪と接戦を演じた。ただ、勝久監督は「宇都宮戦は勝つチャンスが高いと思って試したが、今後はそれほど使う機会はないと思う」とする。
 SR渋谷はここまで1勝3敗。日本代表候補のベンドラメを中心に、選手を入れ替えながら守備で激しい運動量を誇る。指揮官は「秋田、宇都宮と似た部分が多い相手。いかにボールを大事にできるかが鍵」と語る。
 第4節の21日は、愛知県豊橋市総合体育館で西地区の三遠と対戦。昨年11月の天皇杯4回戦では69―44で勝っており、今季初対戦でも白星を挙げたい。
(〓は、王ヘンに民)

新着ニュース

記事アーカイブ