練習・運営ジャンルの記事一覧

 今季からバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)に参戦する信州ブレイブウォリアーズは3、4日、長野市ホワイトリングで秋田との開幕節を迎える。2日はメーンアリーナで約2時間にわたって非公開練習を実施。新たな門出となるB1初戦に向け、戦術などを最終確認した。  この日は会場の設営も行われ、運営会社の社 …

全文を読む

 千曲市と、今季からバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)に参戦する信州ブレイブウォリアーズの運営会社は1日、地域活性化に向けた包括連携協定を結んだ。これまでも行ってきた両者の連携を、2日のB1開幕を前に明文化して再認識し、スポーツを生かしたにぎわい創出につなげる。両者の協定締結は初めて。  協定 …

全文を読む

 今季からバスケットボール男子B1に参戦する信州ブレイブウォリアーズに16日、新外国人のジョシュ・ホーキンソンが合流した。13日には主力のアンソニー・マクヘンリーも合流済み。ゴール下の柱として期待される米国出身の2人が加わり、信州の練習により一層の活気が出ている。  ともに8月中旬の合流を目指したが …

全文を読む

 バスケットボール男子B1の信州ブレイブウォリアーズの運営会社が来春、下部組織となる高校生年代のU―18(18歳以下)チームを発足させる。BリーグはB1ライセンス取得条件に、来年4月までにU―18チームの保有を追加。信州の担当スタッフは「トップチームで活躍する選手を輩出できる場所にする」と準備を加速 …

全文を読む

 バスケットボール男子B1信州ブレイブウォリアーズの運営会社は5日、千曲市内で株主総会を開き、第10期(2019年7月〜20年6月)の決算を報告、承認した。純利益は約380万円で2期連続の黒字だった。  Bリーグは昨季、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、シーズンを途中で打ち切った。信州はホーム …

全文を読む

 バスケットボール男子の信州ブレイブウォリアーズは30日、Bリーグ1部(B1)初挑戦となる2020〜21年シーズンの新体制発表会を長野市のセントラルスクゥエアで開いた。勝久マイケル監督と日本人選手8人が出席。選手らは約100人のブースター(ファン)に、「最後は良い結果でシーズンを終わらせる」と国内最 …

全文を読む

 バスケットボール男子の信州ブレイブウォリアーズは1日、初挑戦のB1開幕に向け、千曲市内で新チーム初の全体練習を行った。新加入3選手を含む日本人9選手が参加し、国内最高峰リーグに向けた準備を始めた。  6月初めから少人数での自主練習を続けてきたが、全体練習は約3カ月ぶり。約1時間半の練習ではチーム戦 …

全文を読む

 2020〜21年シーズンにバスケットボール男子B1に初参戦する信州ブレイブウォリアーズは2日、練習拠点の千曲市のことぶきアリーナ千曲で約2カ月ぶりに自主練習を再開した。7選手が参加し、最高峰のB1に向けて準備を進めた。  新型コロナウイルス感染拡大の影響で閉鎖されていた同体育館が使用可能になった。 …

全文を読む

 来季からB1で戦うバスケットボール男子の信州ブレイブウォリアーズは29日、B1京都のアシスタントコーチ(AC)を務めていた久山智志氏(33)と来季のトップアシスタントコーチ契約を結んだと発表した。  久山氏は熊本県出身。九州東海大を卒業後、実業団やbjリーグでプレーし、横浜に在籍した2014〜15 …

全文を読む

 バスケットボール男子1部(B1)への初昇格を決めた信州ブレイブウォリアーズの運営会社が13日、記念グッズの受注販売を始めた。ペナントやマグカップなど全7種で昇格記念のロゴが入る。26日までチームのオンラインショップで注文を受け付ける。  ペナントはチームカラーの紺色を基調とし、縦42センチ、幅29 …

全文を読む

1
« 選手 | メインページ | 催し・イベント »

記事アーカイブ