練習・運営ジャンルの記事一覧

 バスケットボール男子の信州ブレイブウォリアーズは1日、初挑戦のB1開幕に向け、千曲市内で新チーム初の全体練習を行った。新加入3選手を含む日本人9選手が参加し、国内最高峰リーグに向けた準備を始めた。  6月初めから少人数での自主練習を続けてきたが、全体練習は約3カ月ぶり。約1時間半の練習ではチーム戦 …

全文を読む

 2020〜21年シーズンにバスケットボール男子B1に初参戦する信州ブレイブウォリアーズは2日、練習拠点の千曲市のことぶきアリーナ千曲で約2カ月ぶりに自主練習を再開した。7選手が参加し、最高峰のB1に向けて準備を進めた。  新型コロナウイルス感染拡大の影響で閉鎖されていた同体育館が使用可能になった。 …

全文を読む

 来季からB1で戦うバスケットボール男子の信州ブレイブウォリアーズは29日、B1京都のアシスタントコーチ(AC)を務めていた久山智志氏(33)と来季のトップアシスタントコーチ契約を結んだと発表した。  久山氏は熊本県出身。九州東海大を卒業後、実業団やbjリーグでプレーし、横浜に在籍した2014〜15 …

全文を読む

 バスケットボール男子1部(B1)への初昇格を決めた信州ブレイブウォリアーズの運営会社が13日、記念グッズの受注販売を始めた。ペナントやマグカップなど全7種で昇格記念のロゴが入る。26日までチームのオンラインショップで注文を受け付ける。  ペナントはチームカラーの紺色を基調とし、縦42センチ、幅29 …

全文を読む

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)に昇格を決めた信州ブレイブウォリアーズは12日、昨年10月の台風19号で被災した長野市の長沼保育園に、子ども用のバスケットゴール2基とボール3個を寄付した。被災の影響で屋外での活動を控えている園児たちは早速、ボール遊びを楽しんでいた。  同園は千曲川堤防の決 …

全文を読む

 バスケットボール男子のBリーグは24日、ウェブ会議による理事会を開き、今季のB2(2部)で最高勝率(8割5分1厘)を残した信州ブレイブウォリアーズへのB1ライセンス交付を承認、信州のB1(1部)初昇格が決まった。同様に承認された広島とともに来季はB1で戦う。  信州は今季、千曲市のみだったホームタ …

全文を読む

 バスケットボール男子Bリーグの大河正明チェアマンが3日、長野市役所に加藤久雄市長を訪ね、同市を本拠地とするB2信州ブレイブウォリアーズへの来期以降の支援を要請した。  リーグは3月27日、新型コロナウイルス感染拡大防止のために今季の残り試合の中止を決定。勝率がB2トップの信州は、24日の理事会でB …

全文を読む

 今季のB2プレーオフの中止が決まり、B1ライセンスを取得したB2クラブの中で勝率上位2チームがB1に昇格することも発表された。信州ブレイブウォリアーズは今季、通算40勝7敗。勝率8割5分1厘は西地区優勝の広島と並んでB2トップで、成績面では昇格のハードルを越えた。  チームはこの日、千曲市内でミー …

全文を読む

信州 B2連覇へ再始動

2020年3月20日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは19日、2季連続2回目の中地区優勝を決めてから初の全体練習を行った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、リーグ戦は4月1日まで中断が決まり、同2日以降の開催も未定。先が見通せない難しい状況の中、選手たちは目標のB2の2連覇へ気持ちを一つにしていた …

全文を読む

 バスケットボール男子のBリーグは12日、今季のB1ライセンス取得の条件について、「3億円以上の売上高見込み」の基準を撤廃したと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、14日から4月1日までB1、B2のリーグ戦を無観客で行う影響でクラブの入場料収入がなくなることを踏まえた。リーグは「( …

全文を読む

1
« 選手 | メインページ | 催し・イベント »

記事アーカイブ