練習・運営ジャンルの記事一覧

 バスケットボール男子B1(1部)昇格を目指し、ことぶきアリーナ千曲(千曲市)からのホームアリーナ移転を検討していたB2信州ブレイブウォリアーズ(同)が、長野市ホワイトリングにホームアリーナを移す方向が固まった。ホワイトリングへの移転受け入れに向け調整していた長野市と千曲市が5日、調整が済んだと明ら …

全文を読む

 長野市の加藤久雄市長は20日、バスケットボール男子B1(1部)昇格を目指し、ことぶきアリーナ千曲(千曲市)からのホームアリーナ移転を検討中のB2信州ブレイブウォリアーズ(同)について、長野市ホワイトリングへの移転受け入れに向け「日程調整を全力でやっている」と述べた。ホワイトリングを使用予定の団体に …

全文を読む

 バスケットボール男子B2(2部)の信州ブレイブウォリアーズ(千曲市)が来季のB1昇格を目指して千曲市外へのホームアリーナ移転を模索していることを受け、長野市は7日、移転受け入れができるか検討すると決めた。千曲市の岡田昭雄市長が同日、長野市の加藤久雄市長に協力を求め、同意を得た。長野市は今後、移転候 …

全文を読む

 来季のバスケットボール男子B1(1部)ライセンス取得を目指すB2の信州ブレイブウォリアーズの運営会社は25日、B1規格のホームアリーナを確保できていない問題で、ホームタウン(本拠地)の千曲市と市内で協議した。岡田昭雄市長は、ことぶきアリーナ千曲(千曲市)の増席について「今すぐ造り直すのは不可能」と …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは14日、名古屋市枇杷島スポーツセンターで中地区2位のFE名古屋と対戦する。信州は、前半戦を終えて通算26勝4敗で同地区首位。後半戦初戦から白星で飾り、弾みを付けたい。  FE名古屋は平均得点が86・4点でB2トップ。214センチのスタツ、208セ …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは26日、長野市内で記者会見し、来季のB1ライセンス取得の申請を今月末に行うと明らかにした。昨季も申請したものの、承認されなかった。現在、チームは中地区首位と好調。運営会社の片貝雅彦社長は「ライセンスを勝ち取る準備を進める」と語った。Bリーグによる …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは2日、2018〜19年シーズンの新体制を発表する記者会見を千曲市内で開いた。今季から指揮を執る勝久マイケル監督(35)と新加入4人を含む選手10人が出席し、今季の意気込みを語った。新しいユニホームも披露された。  勝久監督は約350人のファンを前 …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは23日、上田市菅平高原で4日間の日程で合宿を始めた。新加入4選手も参加し、来月下旬のリーグ戦開幕に向けて攻守の連係を磨いた。  初日は約2時間の全体練習で汗を流した。試合形式の練習では勝久監督が時折プレーを中断し、身ぶりを交えて戦術を説明。チーム …

全文を読む

寒河江コーチが契約満了

2018年6月30日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは29日、アシスタントコーチ業務と育成部門の指導を担っていた寒河江(さがえ)功一アソシエイトコーチ(41)との契約が満了したと発表した。2018〜19シーズンの契約は結ばない。  寒河江氏は新潟や名古屋Dでコーチなどを務め、昨年6月に信州のアソシエ …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは28日、2017〜18年シーズンにB1栃木のアシスタントコーチを務めた勝久マイケル氏(35)と監督契約を結んだと発表した。契約期間は2020〜21年シーズンまでの3季。9月に千曲市更埴体育館で行われるアーリーカップの北信越ブロック大会から指揮を執 …

全文を読む

1
« 選手 | メインページ | 催し・イベント »

記事アーカイブ