練習・運営ジャンルの記事一覧

 今季のB2プレーオフの中止が決まり、B1ライセンスを取得したB2クラブの中で勝率上位2チームがB1に昇格することも発表された。信州ブレイブウォリアーズは今季、通算40勝7敗。勝率8割5分1厘は西地区優勝の広島と並んでB2トップで、成績面では昇格のハードルを越えた。  チームはこの日、千曲市内でミー …

全文を読む

信州 B2連覇へ再始動

2020年3月20日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは19日、2季連続2回目の中地区優勝を決めてから初の全体練習を行った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、リーグ戦は4月1日まで中断が決まり、同2日以降の開催も未定。先が見通せない難しい状況の中、選手たちは目標のB2の2連覇へ気持ちを一つにしていた …

全文を読む

 バスケットボール男子のBリーグは12日、今季のB1ライセンス取得の条件について、「3億円以上の売上高見込み」の基準を撤廃したと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、14日から4月1日までB1、B2のリーグ戦を無観客で行う影響でクラブの入場料収入がなくなることを踏まえた。リーグは「( …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズの運営会社は18日、長野市内で記者会見し、今季中の取得を目指すB1ライセンスについて、売上高の基準(3億円以上)に約1800万円不足する見込みと明らかにした。Bリーグによる審査は来年3、4月に予定されており、片貝雅彦社長は観客獲得などで売上高増を図 …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズ運営会社の片貝雅彦社長は24日、来季のB1ライセンス取得の申請を今月末までに行うと明らかにした。Bリーグによる審査は来春に行われる予定で、片貝社長は「ライセンス取得に向けて全力で準備を進めていく」と語った。  昨季は債務超過のため申請を受理されなか …

全文を読む

 バスケットボール男子B2(2部)の信州ブレイブウォリアーズの運営会社は、26、27日にことぶきアリーナ千曲(千曲市)で開く試合に、台風19号の被害に遭った千曲市民を無料招待する。観戦希望者を25日午後5時まで受け付けている。  市内の床上・床下浸水の被害は計2101件(千曲市調べ)あり、被災した市 …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズ(中地区)は20、21日、長野市ホワイトリングで広島(西地区)との開幕カードに臨む。19日は今季初めて同会場で全体練習を行い、約2時間にわたって最終調整した。  この日は実戦形式の練習は行わず、広島の守りを崩すための攻撃戦術の確認に時間を割いた。全 …

全文を読む

 バスケットボール男子B2信州ブレイブウォリアーズの運営会社は14日、千曲市内で株主総会を開き、第9期(2018年7月~19年6月)の決算を報告、承認した。売上高は3億2900万円余(前期比59・3%増)で過去最高。前期末で4573万円だった債務超過は解消された。  純利益は2400万円余で2期ぶ …

全文を読む

 バスケットボール男子B2(2部)の信州ブレイブウォリアーズの運営会社は12日、片貝雅彦社長らが長野市役所に加藤久雄市長を訪ね、20日に開幕する2019〜20年シーズンの意気込みを語った=写真。B2の2連覇を狙う信州は20、21日、同市ホワイトリングで広島との開幕カードに臨む。  長野市は今季、信州 …

全文を読む

 バスケットボール男子2部(B2)の信州ブレイブウォリアーズの運営会社は28日、今季からホームアリーナとなった長野市ホワイトリングで公式戦を行う際、施設近くの駐車場を有料(1台千円)にすると発表した。無料シャトルバスの利用を促し、試合当日の施設周辺の交通渋滞を緩和することなどが狙いという。  運営会 …

全文を読む

1
« 選手 | メインページ | 催し・イベント »

記事アーカイブ