その他ジャンルの記事一覧

 バスケットボール男子B2で信州ブレイブウォリアーズを初優勝に導いた勝久マイケル監督が22日、信濃毎日新聞のインタビューに応じ、今季の戦いを振り返り、来季への課題を語った。  ―3年契約の1年目でB2優勝。  「成長し続けてくれた選手を誇りに思う。日々の練習を大切にしてきた結果、プレーオフでは相手が …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズの運営会社は24日、千曲市のことぶきアリーナ千曲などで行うB2プレーオフ準決勝(27日開幕)を前に、チームを応援するバナー(旗)をアリーナ近くの通りに掲げた。雨が降る中、片貝雅彦社長や後援会員ら6人は用意した70枚を次々と取り付け、初のB2優勝に向 …

全文を読む

 バスケットボール男子のB2は24日、愛知県一宮市総合体育館などで7試合を行った。中地区2位のFE名古屋が同4位の金沢に91―82で勝ったため、同首位の信州ブレイブウォリアーズの地区優勝へのマジックナンバーは「3」のまま。

 バスケットボール男子B2は残り15試合(全60試合)となり、地区優勝やプレーオフ出場権を巡る争いが熱を帯びてきた。中地区で首位に立つ信州ブレイブウォリアーズは、後半戦に入ってから各地区上位との対戦が続いたが、安定して白星を積み重ね、通算36勝9敗と好調を維持。勝率(8割)はB2トップを誇り、初のプ …

全文を読む

 来季のB1ライセンス取得を目指す信州ブレイブウォリアーズの運営会社の片貝雅彦社長は19日、B1規格のホームアリーナを確保できていない問題について、千曲市のことぶきアリーナ千曲以外の県内施設の利用も模索していることを明らかにした。  片貝社長によると、今月下旬に同アリーナを所有するホームタウンの千 …

全文を読む

 バスケットボール男子B2は28日に開幕する。信州ブレイブウォリアーズの開幕カードは29、30日、敵地で同じ中地区の金沢と対戦する。チームは勝久マイケル監督(35)が新たに就任し、新戦力として6人を補強。リーダーシップのある3人を主将に据えた。25勝35敗で5位だった昨季からの飛躍を期す。  B1が …

全文を読む

 バスケットボール男子Bリーグ2部の開幕を前に、千曲市を拠点にする信州ブレイブウォリアーズのヘッドコーチや選手らが29日、千曲市更埴庁舎で岡田昭雄市長と懇談した。運営会社の片貝雅彦社長が、今季から勝久マイケル・ヘッドコーチ(35)を招いたことなどを紹介し、「新たな体制、顔触れで新シーズンに挑む」と抱 …

全文を読む

 バスケットボールB2の信州ブレイブウォリアーズは25日、千曲市更埴体育館で記者会見を開き、9月7~9日に同体育館でBリーグが開催するアーリーカップの北信越ブロック実施概要を発表した。  アーリーカップは昨年から始まったリーグ公式戦で、今年は36チームが全国6ブロックに分かれて戦う。北信越ブロック …

全文を読む

 千曲市は25日、バスケットボール男子Bリーグ2部、信州ブレイブウォリアーズのホームアリーナとなる新体育館(杭瀬下)について、ネーミングライツ(命名権)制度を導入すると発表した。市の制度導入は初めて。命名権料は体育館の維持管理費に充てる予定で、希望する企業などを28日から6月26日まで募る。  建設 …

全文を読む

 バスケットボール男子B2は30日に開幕する。信州ブレイブウォリアーズは2季連続で中地区に参戦。昨季14勝46敗で最下位(6位)に沈んだが、今季は「堅守」という武器を磨いて雪辱を狙う。  「夏から準備してきた。チーム全員でディフェンスができる」(小野寺龍太郎監督)。その言葉が強気ではないことは結果を …

全文を読む

1
« 催し・イベント | メインページ

記事アーカイブ