その他ジャンルの記事一覧

 今季からバスケットボール男子1部(B1)に初挑戦する信州ブレイブウォリアーズの後援会が13日、千曲市杭瀬下に事務所を開所した。これまでは同市桜堂のクラブの運営会社に事務所があったが、後援会スタッフは常駐していなかった。独立した拠点にスタッフを常駐させて活動をより活発にして、国内最高峰の舞台に挑むチ …

全文を読む

 バスケットボール男子B1信州ブレイブウォリアーズの運営会社は5日、千曲市内で株主総会を開き、第10期(2019年7月〜20年6月)の決算を報告、承認した。純利益は約380万円で2期連続の黒字だった。  Bリーグは昨季、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、シーズンを途中で打ち切った。信州はホーム …

全文を読む

 バスケットボール男子信州ブレイブウォリアーズを昨季限りで退団した武井弘明選手(28)が、出身地の松本市で小中学生向けのバスケスクールを立ち上げた。選手を引退しないまま、次世代のバスケ選手の育成に活動の幅を広げる。地域のチームや部活動でプレーしている意欲のある子に、ドリブルやシュートなどの技術を教え …

全文を読む

 バスケットボール男子の信州ブレイブウォリアーズが2020〜21年シーズンにB1に昇格することを祝い、後援会と千曲市が記念モニュメントをチームの練習拠点の体育館「ことぶきアリーナ千曲」に設けた。5日、チーム関係者らが集まって除幕した。  モニュメントは高さ1メートル、幅50センチの三角形。透明のアク …

全文を読む

 バスケットボール男子Bリーグの信州ブレイブウォリアーズのB1(1部)初昇格を受け、チームの後援会東信支部が、上田市の上田駅前ビル・パレオ2階デッキに「B1昇格! 応援ありがとう」とメッセージを書いた横断幕を掲げている=写真。  横断幕は横6メートル、縦1・1メートル。勝久マイケル監督と、フォワード …

全文を読む

 バスケットボール男子Bリーグの信州ブレイブウォリアーズのB1(1部)初昇格が決まり、ホームタウンの一つの長野市が祝福する横断幕を市役所に掲げている。  「B1昇格おめでとう!」と書いた横断幕は、縦1・2メートル、幅8・2メートル。多くの人の目に触れるよう、市役所第1庁舎北側の国道19号沿いに設置し …

全文を読む

 バスケットボール男子B2信州ブレイブウォリアーズの中地区優勝が決まり、今季からホームタウンに加わった長野市が、優勝を祝う横断幕を市役所に掲げている。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、プレーオフ(PO)が開かれるかは未定だが、市スポーツ課はリーグ優勝やB1昇格に向けて「チームを盛り上げたい」と …

全文を読む

 バスケットボール男子B2信州ブレイブウォリアーズの中地区優勝が確定し、18日、ホームタウンの千曲市や長野市のファンからは喜びとともにB1昇格に期待する声が上がった。新型コロナウイルス感染防止でBリーグは無観客試合や試合中止が続いており、事態の終息を願った。  千曲市のしなの鉄道屋代駅前にある眼鏡時 …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズはシーズン序盤の15試合(全60試合)を終え、通算13勝2敗で中地区首位に立つ。昨季のB2王者は、2季目の指揮を執る勝久監督の下、組織的な守備が健在。B2連覇、B1昇格に向け、絶好のスタートを切っている。  1試合平均76・0得点は昨季(80・1点 …

全文を読む

 バスケットボール男子B2で信州ブレイブウォリアーズを初優勝に導いた勝久マイケル監督が22日、信濃毎日新聞のインタビューに応じ、今季の戦いを振り返り、来季への課題を語った。  ―3年契約の1年目でB2優勝。  「成長し続けてくれた選手を誇りに思う。日々の練習を大切にしてきた結果、プレーオフでは相手が …

全文を読む

1
« 催し・イベント | メインページ

記事アーカイブ