選手ジャンルの記事一覧

ガード栗原が負傷離脱

2019年3月23日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは22日、ガードの栗原ルイス(22)が16日の福島戦で負傷し、左膝後十字靱帯(じんたい)の損傷と診断されたと発表した。復帰時期はチームドクターと協議して決める。

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズの斎藤崇人(33)が14日、長野市内で記者会見し、今季限りでの引退を表明した。昨季の開幕前に負ったけがが全快せず「心の方も戻らなかった。勝負師としてバスケを続けられなくなった」と理由を語った。  新潟県出身。bjリーグの新潟(現B1)で4季プレーし …

全文を読む

 信州でのデビュー戦となった14日のFE名古屋戦。内外角を問わない多彩なシュートで22得点を挙げ、実力の片りんを見せた。米国出身の33歳は「コンディションが日に日に良くなっている」と笑顔を見せる。  bjリーグ時代の2013〜14年シーズンから所属した秋田では、2度の準優勝に大きく貢献。「速いテンポ …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは14日、ガードの武井弘明(27)=松本市出身=が10日の練習中に負傷し、右手中指の骨折で全治1〜4週間と診断されたと発表した。

蒲谷が全治4~6週間

2018年12月30日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは29日、シューティングガードの蒲谷正之(36)が21日の練習中に負傷し、右内側腓腹筋(ひふくきん)筋挫傷で全治4~6週間と診断されたと発表した。

信州、ロビーと再契約

2018年12月29日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは28日、フォワードのリチャード・ロビー(33)と契約合意したと発表した。すでに来日しており、早ければ来年1月5、6日に東京都八王子市で行う八王子戦から出場する。  米国出身で198センチ、96キロ。2013年にbjリーグの秋田(現B1)に入団し、 …

全文を読む

 千曲市と坂城町を管轄する千曲坂城消防本部は、市内を拠点とするバスケットボール男子B2信州ブレイブウォリアーズの県内出身3選手が防火や防災を呼び掛けるポスターを作った。年末年始に合わせて両市町の小中学校や公共施設などに配り、張り出してもらう。  地元チームの協力を得て、地域の安全意識を高めてもらおう …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは3日、長野市のJR長野駅前でホーム戦をPRした。9日に千曲市のことぶきアリーナ千曲で行う金沢戦で3千人の集客を目指し、上杉翔選手(28)と運営会社社員が、来場を呼び掛けるチラシを通行人に手渡した。  なかなか受け取ってもらえずに「試合よりも緊張し …

全文を読む

佐藤が全治4週間

2018年10月 6日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは5日、9月30日の金沢戦で負傷したパワーフォワード佐藤託矢(35)が、右足関節捻挫で全治4週間と診断されたと発表した。

 頼もしいビッグマンが6季ぶりに復帰だ。今月上旬のアーリー杯群馬戦では、211センチ、130キロの体でゴール下に君臨し、チームトップの22得点。主将に就任した米国出身の32歳は「6年前よりコンディションがいい」と自信が満ちる。  前回所属したbjリーグ時代の2012〜13年シーズンは、大黒柱として一 …

全文を読む

1
« 試合 | メインページ | 練習・運営 »

記事アーカイブ