選手ジャンルの記事一覧

佐藤が全治4週間

2018年10月 6日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは5日、9月30日の金沢戦で負傷したパワーフォワード佐藤託矢(35)が、右足関節捻挫で全治4週間と診断されたと発表した。

 頼もしいビッグマンが6季ぶりに復帰だ。今月上旬のアーリー杯群馬戦では、211センチ、130キロの体でゴール下に君臨し、チームトップの22得点。主将に就任した米国出身の32歳は「6年前よりコンディションがいい」と自信が満ちる。  前回所属したbjリーグ時代の2012〜13年シーズンは、大黒柱として一 …

全文を読む

<V経験36歳 光る得点力>  bjリーグ時代の2012〜13年シーズン、主将として横浜(現B1)を優勝に導いた。アウトサイドシュートを中心とした得点力は衰えを知らず、経験を糧にしたゲームメークも光る。チーム最年長の36歳は「ここ一番の勝負強さでチームの力になりたい」と力を込める。  神奈川県出身で …

全文を読む

<運動量豊富 速さも備え>  豊富な運動量と切り替えの速さを生かし、攻守のあらゆる場面に顔を出す。今月上旬に練習生から昇格すると、アーリー杯では2試合続けて先発出場。周囲の評価が高まる中でも、「もっとうまくなりたい」と向上心は尽きない。  多彩な引き出しは、高校時代の経験からだ。千葉・柏高3年時にU …

全文を読む

<堅実プレー 静かな闘志>  198センチ、102キロの体で相手選手の前に立ちはだかり、味方にスペースをつくる。古傷の痛みを抱えながらも、堅実なプレーでチームを下支えしてきたベテランは「最後のともしびを見せる」と静かに闘志を燃やす。  三菱電機メルコドルフィンズ(現B1・名古屋D)時代の2006〜0 …

全文を読む

<米で磨いたシュート力>  今月上旬のアーリー杯新潟戦で公式戦初出場。第1クオーターに3点シュートを連続して決め、チームに流れを引き寄せた。名刺代わりの2本でファンに存在を知らしめた新星は、「精度は開幕までにもっと上がる」と不敵に語る。  両親は日本人だが、生まれも育ちも米ロサンゼルス。「体が大きい …

全文を読む

 バスケットボール男子B2が28日に開幕する。昨季、中地区5位だった信州ブレイブウォリアーズは日本人5選手、外国人1選手を補強した。今季の飛躍の鍵を握る新戦力を紹介する。      ◇ <存在感際立つ新司令塔>  変幻自在の動きでパス回しの軸を担いつつ、機を見たシュートも精度が高い。存在感が際立つ新 …

全文を読む

ロビーとの契約解除

2018年9月13日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは12日、フォワードのリチャード・ロビー(32)との契約を解除したと発表した。  ロビーは米国出身。今年7月に新入団選手として契約したが、信州によると、家庭の事情で来日ができなくなり解除が決まった。

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは4日、練習生のポイントガード大崎裕太(24)と選手契約を結んだと発表した。  大崎は茨城県出身で、177センチ、77キロ。柏高(千葉)から青学大に進学。2017年から実業団の新生紙パルプ商事でプレーし、今季から信州の練習生となっていた。千曲市で7 …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは31日、シューティングガードの蒲谷正之(36)と契約合意したと発表した。  蒲谷は神奈川県出身で183センチ、80キロ。日大卒業後、2005年に三菱電機メルコドルフィンズ(現B1・名古屋D)に入団。昨季までの7季は横浜(B1)でプレーした。 …

全文を読む

1
« 試合 | メインページ | 練習・運営 »