選手ジャンルの記事一覧

大崎が負傷離脱 全治2週間

2019年10月17日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは16日、ポイントガードの大崎裕太(25)が10日の練習中に負傷し、右手首の損傷などで全治約2週間と診断されたと発表した。

<経験豊富、新天地の力に>  206センチ、105キロの体格もさることながら、「正しいポジション取りができる守備が一番の武器」と自己分析。ドミニカ共和国出身で、代表経験もある31歳は「チームから求められることは何でもする」と献身性をのぞかせる。  原点は競技を始めた高校時代。「守備をしないとコートに …

全文を読む

<3点シュートも武器に>  194センチ、100キロの体格を生かしてゴール下で体を張り、「スリーポイントも武器」。ビッグマンでも外角シュートを狙うのが主流になりつつあり、36歳のベテランは「やっと自分の強みが発揮できる時代が来た」と息巻く。  滋賀県出身。高校までは内角一辺倒のプレースタイルだったが …

全文を読む

<鋭い突破、連係プレー正確>  小学2年時に親の仕事で米国に渡り、本格的にバスケットボールを始めた。今年5月にローズ・ハルマン工科大を卒業するまでバスケの本場で研さんを積んだ。鋭いドリブル突破や正確な連係プレーで、得意な外角シュートに次々と持ち込んでいく。  スティーブンソン高時代、1学年上だったジ …

全文を読む

<「初戦から全力」成長期す>  高精度な3点シュートを軸に、2016〜17年シーズンから2季連続で1試合平均10得点以上を記録。31歳のポイントガードは「自分のスタイルに合ったチームに来た。ここでならもっと成長できる」と声が弾む。  駒大卒業後の2年間は地元横浜市のクラブチームで腕を磨いた。13年に …

全文を読む

 バスケットボール男子B2は20日、2019〜20年シーズンが開幕する。昨季、B2初優勝を果たした信州ブレイブウォリアーズには5選手が加入。2連覇に向けて鍵を握る新戦力の横顔を紹介する。      ◇ <B1経験、新司令塔候補>  抜群のスピードを生かしたドリブルで敵陣を切り裂く。昨季までの2年間を …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは27日、フォワードのオーランド・サンチェス(31)との契約に合意したと発表した。  サンチェスはドミニカ共和国出身。206センチ、105キロ。米セント・ジョーンズ大を卒業後、NBAのマイナー、NBAデベロップメントリーグ(NBADL)などでプレー …

全文を読む

 全体練習の前に、新加入4選手が長野市ホワイトリングで入団記者会見に臨んだ。昨季まで2季にわたってB1でプレーした渡辺は「自分にとっても新しいスタート。全力を出して結果に貢献したい」と抱負を述べた。  金沢(現B3)から井上、東京Zからは西山が加入。昨季はB2中地区のライバルとして信州と対戦しており …

全文を読む

井上と契約 昨季まで金沢

2019年8月 6日掲載

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは5日、パワーフォワードの井上裕介(36)と選手契約を結んだと発表した。滋賀県出身で、194センチ、100キロ。筑波大を卒業後、大阪、滋賀などを経て、2016〜17年シーズンから金沢に所属。昨季は58試合に出場し、1試合平均4・6得点、2・3リバウ …

全文を読む

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは24日、ガード青木龍史(21)と特別指定選手契約を結んだと発表した。既にチームに合流しており、来月に始まる全体練習に向けて自主練習に取り組んでいるという。  青木は愛知県出身で、183センチ、80キロ。7歳ごろ米国に移り、スティーブンソン高からロ …

全文を読む

1
« 試合 | メインページ | 練習・運営 »

記事アーカイブ