TOP2011年03月栄村、停電解消、断水続く 国道117号、JR飯山線不通

 12日未明に起きた県北部を震源とする強い地震の影響で、下水内郡栄村へ通じる幹線道路が通行止めになり、鉄道も一部で不通になった。同村や飯山市、下高井郡野沢温泉村では停電や断水が発生。停電は夕方までに復旧したが、断水は続き、県や近隣自治体も給水車を出動させた。

 JR信越線と飯山線は始発から長野以北の運転を見合わせた。信越線は午後2時ごろ全線で復旧したが、飯山線は栄村で線路が宙づりになっている場所があり、戸狩野沢温泉以北で運転再開の見通しは立っていない。国道117号は飯山市の市川橋付近から新潟県境までの数カ所に亀裂があり、全面通行止め。栄村内の県道数カ所も土砂崩落などで通行止めになっている。

 中部電力長野支店によると、飯山市と栄村、野沢温泉村の計約400戸が停電。午後5時すぎに解消された。

 一方、11日の東北・関東地方の大地震の影響で運休していた中央西線の特急しなのは始発から、中央東線の特急あずさは午後1時、長野新幹線は同4時、それぞれ運転を再開した。長野駅の改札口には乗車を待ちわびた人の列ができた。

 午後5時50分すぎには、11日午後に東京を出発した後、本庄早稲田駅(埼玉県本庄市)に停車していた新幹線がようやく到着。長野市の家に戻る途中だった大学院生の小池美佳さん(25)は「20時間ほど車内にいた。眠れなかったし、情報も入ってこなかったので不安だった」と話した。

 上信越道佐久インターから東京方面への通行止めは12日午前3時半に解除。県内各社の東京へ向かう高速バスは昼ごろに運転を再開した。

2011年3月13日掲載

災害用掲示板(安否確認)