TOP2011年08月汚染疑い腐葉土 北信の介護施設も購入

 県内にあるケーヨー(千葉市)のホームセンターで放射性物質を含む可能性がある腐葉土が販売された問題で、県健康福祉部は13日、北信地方の通所介護(デイサービス)事業所1カ所が購入して菜園で使い、採れた野菜を利用者の昼食に使ったと発表した。同部は事業所名を明らかにせず、今のところ利用者から体調変化などの報告はないとしている。
 商品は「バーク入り腐葉土14L」(1袋14リットル入り)で、この事業所は5月に1袋購入。採れたキュウリ、トマト、ナスを7月上旬から最近まで漬物などにして提供した。事業所の利用登録者は約40人。誰がどの程度食べたかは把握していない。
 事業所は13日から菜園を立ち入り禁止にした。県が近く、菜園の空間放射線量の測定と土壌検査をする。
 放射性物質を含む可能性のある腐葉土が県内で販売されたことを受け、同部は県内の高齢者施設1540カ所の購入状況などを調べた。13日夜の時点で他に購入が判明した施設はないという。

2011年8月14日掲載

災害用掲示板(安否確認)