TOP2011年08月上田の浄水場で汚泥からセシウム 「極めて微量」

 上田市は19日、染屋浄水場(上田市古里)で出た浄水汚泥(原水から除いた泥)から放射性セシウムを検出したと発表した。同浄水場からの検出は初めて。市浄水管理センターは「強い雨で地表の放射性セシウムが河川に流れ込んだと考えられるが、極めて微量」としている。

 検出されたのは放射性セシウム134と同137。千葉県内の検査機関で測定した結果、今月1日に採取した汚泥から1キロ当たり計43ベクレル、8日に採取した汚泥から同40ベクレルをそれぞれ検出した。

2011年8月20日掲載

災害用掲示板(安否確認)