TOP2011年08月池田の稲わらなど 放射性物質検出されず

 県農政部は23日、北安曇郡池田町で採取した稲わらと、佐久市と同郡松川村で家畜の発酵飼料用に青刈りした稲を採取して検査した結果、いずれも放射性物質(放射性ヨウ素とセシウム)は検出されなかったと発表した。

 池田町の稲わらは、県内初となった県産米の放射性物質検査の対象水田で15日に採取。松川村では19日、佐久市では22日に採取し、いずれも県環境保全研究所(長野市)で検査した。

 今回を含め、県は今後、稲わらと発酵飼料用の稲の検査を東北中南信の県内4カ所で実施する方針。

2011年8月24日掲載

災害用掲示板(安否確認)