TOP2011年08月佐久の養殖フナ 放射性物質検出されず

 県農政部は23日、佐久市の水田で養殖されたフナを検査し、放射性物質(放射性ヨウ素とセシウム)は検出されなかったと発表した。22日に採取し、県環境保全研究所(長野市)で検査した。

 特産物として本格的な出荷が始まる9月を前に、安全性を確認するための検査。これまでに、木曽郡木曽町の信州サーモンや安曇野市のヤマメ、佐久市のウグイを検査し、いずれも放射性物質は検出されていない。

2011年8月24日掲載

災害用掲示板(安否確認)