TOP2020年03月岩手日報、長野で号外配布 被災地、ともに励ましたい

 岩手日報社(盛岡市)は11日、東日本大震災から9年となったのに合わせ、特別号外を発行した。復興状況を紹介しながら支援への感謝を伝えるため2012年から毎年発行しており、今年は台風19号災害に遭った長野県民を励まそうと長野市内でも同社役員らが計900部を配った。

 全12ページで、自らの判断で避難した住民らの教訓を掲載。津波に遭った地域について、空撮写真や人口の変化のグラフなどで状況をまとめた。支援を続ける岩手県外の人々も取材。長野県内からは、禅処院(松本市)住職の野口法蔵さんが岩手県大槌町に石地蔵を建て、今も法要で現地を訪ねている姿を紹介している。

 この日は同社の川村公司編集局長らがJR長野駅前で400部を通勤者らに配り、台風で被災した豊野地区へ。浸水被害区域を回り、住民らに号外を手渡した。受け取った宇田広明さん(66)は「東北の復興の姿は励みになる」。川村さんは「震災復興は終わっていない。県外の人とのつながりをまちづくりに生かしていきたい」と話した。

 豊野地区では交流・支援拠点「まちの縁側ぬくぬく亭」にも300部を置いた。街頭配布は首里城正殿などが焼失した那覇市でも行った。

2020年3月12日掲載

災害用掲示板(安否確認)