信濃毎日新聞ニュース特集

2018 長野県知事選

投票所にクイズの応募箱 小諸市選管「家族で足運んで」

2018年06月30日(土)


知事選の投票を呼び掛けるチラシ(左)とプレゼント用の下敷き

 小諸市選挙管理委員会は8月5日投開票の知事選に向けて、子ども向けのクイズを載せたチラシを作った。投票所内の応募箱に子どもが解答用紙を入れると、市動物園のキャラクターが描かれた下敷きが抽選でもらえる。将来の有権者の選挙への関心を高め、家族で投票所に足を運んでもらう狙いだ。
 キャラクターは、ペンギンやライオンなど8種類の動物を少女風に擬人化して描いた東京の専門学校生の作品。チラシには、このうち一つのキャラクターの動物名を3択で答えるクイズを載せており、市内全ての保育園や幼稚園、小中学校に配る。「投票所に行って投票の様子を見てみよう」と呼び掛けてもいる。

 応募は期日前投票が始まる7月20日から。正解者のうち200人に下敷きを発送する。

 同選管はこのほか、児童向けの動画を準備中。市の地産地消PRキャラクター「こもろん」と児童が投票所に行く粗筋で、7月上旬から市内小学校の休み時間に、教室のモニターで放映する予定だ。同選管は「子育て世代の投票を促し、子どもが親の背中を見て選挙の大切さを学んでもらえればいい」としている。