信濃毎日新聞ニュース特集

2018 長野県知事選

政策、吟味して投票を マニフェストスイッチ

2018年07月18日(水)

 任期満了に伴う知事選(19日告示、8月5日投開票)は、現職で2期目の阿部守一氏(57)と、新人で元上田市議の金井忠一氏(68)の無所属2氏が立候補を予定しています。信濃毎日新聞は、政策や主張を同じスタイルでデータ化し、比較できる早稲田大マニフェスト研究所の「マニフェストスイッチ」に沿って、政治家を目指した理由、地域のありたい姿、課題解決に向けた政策などを質問、17日までに回答を得ました。
 私たちの住む長野県の代表を選ぶ選挙としては、今回初めて「18歳選挙権」が適用されます。若者の県政への関わりの第一歩となります。この特集を使い、連携する県内6高校が主権者教育を実施。選挙での候補者情報の比べ方、投票先の決め方などについて理解を深めた上で、実際に選挙で使われる投票箱を使って模擬投票を行います。
 この特集は、高校生や若者に限らず、全ての世代の県民が投票先を選ぶ際の判断材料にもなります。
(詳細は本紙をご覧下さい。)