信濃毎日新聞ニュース特集

2018 長野県知事選

知事選19日告示 現新2氏、立候補予定

2018年07月18日(水)


  金井忠一氏     阿部守一氏

 任期満了に伴う知事選は19日、告示される。表明順に、いずれも無所属で、現職で2期目の阿部守一氏(57)=小諸市=と、新人で元上田市議の金井忠一氏(68)=上田市=が立候補を予定。阿部県政2期8年の評価、人口減少下の県政の針路などを巡って17日間の論戦が始まる。「18歳選挙権」が導入されて初めての県知事選にもなる。投開票は8月5日。
 阿部氏は本年度からの県政運営指針「総合5か年計画」の着実な推進とともに、「創造的で持続可能な共生社会」を実現すると強調。幼児教育の充実や高等教育の振興など「学び」の整備に力を入れ、持続可能な医療・介護提供体制の構築、地域公共交通の確保などに取り組むとする。
 自民、立憲民主、国民民主、公明、社民の各党や連合長野が推薦。経済4団体や県農協グループなどが支援する。告示までは公務を優先し、告示後は全県をくまなく回る。
 金井氏は「大型開発推進から、暮らしを支える」など三つの転換を掲げ、「憲法を生かし、県民に寄り添う温かい県政」の実現を主張。子ども医療費の「完全無料化」や給付型奨学金制度の充実のほか、大北森林組合(大町市)の補助金不正受給事件を巡る県の対応などを争点化する。
 共産党が推薦し、党県委員会や県労連などでつくる「明るい県政をつくる県民の会」が支援。安倍政権に反対する姿勢をアピールし、現政権に批判的な層への浸透も図る。