信濃毎日新聞ニュース特集

2018 長野県知事選

知事選19日告示 立候補予定2氏、第一声へ

2018年07月19日(木)

 任期満了に伴う知事選は19日、告示される。表明順に、いずれも無所属で、現職の阿部守一氏(57)=小諸市=と、新人で元上田市議の金井忠一氏(68)=上田市=が立候補を予定。3選を目指す阿部氏に、県政の転換を訴える金井氏が挑む構図となる。
 今回の知事選は、阿部県政2期8年の評価、人口減少下の県政の針路、国政との向き合い方などを巡って議論が交わされる見通し。「18歳選挙権」が導入されて初めての県知事選で、若い世代の関心を引きつけられるかもポイントになりそうだ。
 阿部氏は5月9日、「未来に向けて安心し、希望の持てる県を切り開いていきたい」と出馬を表明。2期8年の実績や、本年度からの県政運営指針「総合5か年計画」の着実な推進を訴える。
 金井氏は5月15日、「県民の命と暮らしを優先し、県民の声が届く県政に転換したい」と立候補を表明。医療や福祉、教育の充実を最重点に掲げ、安倍政権に反対する姿勢を前面に打ち出す。
 政党では、自民、立憲民主、国民民主、公明、社民各党が阿部氏を、共産党が金井氏を推薦している。
 立候補は午前8時半から県庁講堂で受け付け、午後5時に締め切る。投開票は8月5日。
 19日は、阿部氏が長野市のホテルで出陣式の後、下水内郡栄村のJR森宮野原駅前で第一声。金井氏は長野市のJR長野駅前で出発式を開き、そこで第一声を行う。その後、両陣営とも各地を遊説する予定だ。