信濃毎日新聞ニュース特集

2018 長野県知事選

1票に期待込め 期日前投票スタート

2018年07月20日(金)

 知事選(8月5日投開票)の期日前投票が20日、県内全77市町村の市役所や町村役場などで始まった。県選管によると、この日開設された投票所は88カ所。選挙期間の半ば以降に投票所はさらに増え、計177カ所に設けられる。
 松本市はこの日、松本駅自由通路や市役所など4カ所に期日前投票所を開設した。自由通路で投票した会社員の内山仁さん(63)は「保育園や小中学校、高校へのエアコン設置を促進するなど、子どもを一層大事にする県政を進めてほしい」と期待した。
 長野市は市役所第1庁舎に期日前投票所を開設。投票した主婦(59)は「長野県には豊かな自然や魅力的な食があるが、生かし切れていない。人口は減るが、豊富な観光資源を生かせばもっと人を呼べるはず」と、観光や移住政策の充実を望んだ。
 松本市は27〜29日に商業施設イオンモール松本近くの市勤労者福祉センター、8月2〜4日に市四賀支所や安曇支所など6カ所にも期日前投票所を設ける。長野市は7月31日〜8月3日に市支所27カ所、8月3、4日に「権堂イーストプラザ」にも増設する。