信濃毎日新聞ニュース特集

2018 長野県知事選

スピーク=阿部守一氏 相乗りの批判に反論

2018年07月26日(木)


 「『オール与党』と言われることがあるが、知事は県民に直接、選んでいただく。あえて言えば『信州県民党』だ」。無所属現職の阿部守一氏(57)は25日、松本市で開いた個人演説会で、与野党相乗りの支援を受けることへの批判にこう反論した。
 「一人でも多くの協力を得ないと県政は進まない」とし、2期8年の県政運営は県議や国会議員、市町村長との信頼関係を重視したと説明。一方、「率直な対話」による一定の緊張関係もあると強調した。その上で、こうした信頼関係やネットワーク、経験を生かし、「これからも県民の思いにしっかり寄り添い、県政を進めていく」と述べた。