信濃毎日新聞ニュース特集

2018 長野県知事選

知事選、きょう投開票

2018年08月05日(日)

 任期満了に伴う知事選は5日投開票される。3選を目指す現職の阿部守一氏(57)=小諸市=と、新人で元上田市議の金井忠一氏(68)=上田市=の無所属2氏が立候補。人口減少社会への対応や県政運営の在り方などを巡る17日間の論戦を終え、有権者の判断を待つ。
 選挙戦最終日の4日、阿部氏は松本、長野市の夏祭り会場などを、金井氏は長野市や地元の上田市などを訪れ、それぞれ支持を訴えた。
 投票は、県内1462カ所の投票所で午前7時から、須坂市峰の原高原の1投票所で午前8時から行われる。48市町村の319投票所で午後8時の投票終了時刻を繰り上げる。1時間繰り上げて午後7時投票終了とするのは259投票所、2時間繰り上げは46投票所、3時間繰り上げは14投票所。
 このほか、下伊那郡高森町が町内の商業施設2カ所、下高井郡野沢温泉村が村内の農協支所1カ所に、それぞれの自治体内の有権者を対象にした「共通投票所」を設ける。
 開票は早い所で午後8時から始め、終了は最も遅い長野市で午後11時半ごろ。阿部氏は長野市県町のホテル国際21で、金井氏は同市鶴賀緑町の選挙事務所でそれぞれ支持者と開票結果を見守る予定。
 今回は、県知事選では初めて「18歳選挙権」が適用される。7月18日現在の有権者数は176万7677人(男85万7850人、女90万9827人)。このうち18、19歳は計4万1299人。