松本市役所庁舎の正面玄関側に掲げられた懸垂幕

小平選手に「ありがとう」 松本市役所に懸垂幕

201802/23

 松本市は22日、スピードスケート女子の小平奈緒選手が平昌(ピョンチャン)冬季五輪でメダルを獲得したことを記念し、市役所庁舎に懸垂幕を掲げた。「夢と感動をありがとう!!」と記している。
 小平選手は信州大出身で相沢病院(松本市)所属。14日に1000メートルで銀メダル、18日に500メートルで金メダルを獲得し、ゆかりのある市が懸垂幕を作った。縦11メートル、横1メートルで、本庁舎西側に掲げた。
 庁舎を訪れた市内の税理士百瀬幸子さん(62)は「プレッシャーに負けずに結果を出し続けていることがすごい。2位の選手とのたたえ合う姿も感動しました」と話した。
 市は小平選手への市民栄誉賞授与を決めている。