怪しいTV欄

放送作家の町山広美さんが、テレビが映し出す森羅万象を斬る。
信濃毎日新聞の人気連載コラム「怪しいTV欄」です。

  • 3/
    10

    「国家」の「敵」という刷り込み

     人差し指を立てて、腕を前方にピンと伸ばして激しく振る。何やら声を張り上げながら。それがIKKOでもそのモノマネでもなく、ナチス・ドイツのヒトラーの振る舞いだったことを知りました。  NHKBS1で … 全文を読む

  • 2/
    24

    大国の思惑が渦巻く朝鮮戦争

     2回目の米朝首脳会談を前に、「NHKスペシャル」枠で放送された「朝鮮戦争 秘録~知られざる権力者の攻防~」を見ました。  番組は、戦争が終わっていないことをあらためて知らせるかのように、東京・横田 … 全文を読む

  • 2/
    10

    自分自身への適量の愛情

     映画版が各地でぽつぽつと公開中のドキュメンタリー「チェコ・スワン」。そのテレビ版がNHKのBS1で放送されていました。15日夜にはEテレでも放送されます。  ホルニー・ルホタ。ネットで探ったくらい … 全文を読む

【まちやま・ひろみ】 1964年、東京生まれ。84年から放送作家として活動。バラエティーを中心にテレビ番組の構成を手掛け、現在は「有吉ゼミ」(日本テレビ)、「マツコの知らない世界」(TBS)などを担当。「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ)ではナレーターも兼任。コラム、エッセーも多数執筆。本紙「怪しいTV欄」は17年以上続く名物コラムに。著書に「怪しいTV欄」「イヤモスキー」など。


撮影:三浦憲治