怪しいTV欄

放送作家の町山広美さんが、テレビが映し出す森羅万象を斬る。
信濃毎日新聞の人気連載コラム「怪しいTV欄」です。

  • 2/
    26

     「女性の身体の上で戦争が起きている」「性暴力は従来の兵器よりも安くすみます」「女性が性暴力を受けることで採れたものが、あなたのポケットに」  鋭い言葉が、次々と。NHKEテレの「こころの時代~宗教 … 全文を読む

  • 2/
    12

    森会長発言 自慢と愚痴の全40分

     「女性がたくさん入っている理事会(の会議)は時間がかかります」。東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による、日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会での発言が報道され、特に海外メディア … 全文を読む

  • 1/
    29

    人権軽んじる ぼんやりした疑い

     わからないことがありました。法務省出入国在留管理庁が昨年から、入管施設に収容中の外国人を、積極的に「仮放免」しているというニュース。施設内での新型コロナウイルス感染拡大防止のためという説明ですが、そ … 全文を読む

【まちやま・ひろみ】 1964年、東京生まれ。84年から放送作家として活動。バラエティーを中心にテレビ番組の構成を手掛け、現在は「有吉ゼミ」(日本テレビ)、「マツコの知らない世界」(TBS)などを担当。「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ)ではナレーターも兼任。コラム、エッセーも多数執筆。本紙「怪しいTV欄」は17年以上続く名物コラムに。著書に「怪しいTV欄」「イヤモスキー」など。


撮影:三浦憲治