怪しいTV欄

放送作家の町山広美さんが、テレビが映し出す森羅万象を斬る。
信濃毎日新聞の人気連載コラム「怪しいTV欄」です。

  • 11/
    03

    五輪の「面白さ」大河でどう描く

     今日放送されるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」第41回。個人会社の申告漏れを指摘されたチュートリアルの徳井義実の出演シーンを削るなどして放送することが発表されました。徳井 … 全文を読む

  • 10/
    20

    「都心は大丈夫」という狭い視野

     千曲川本支流の氾濫を筆頭に、台風19号の影響で、それぞれに被害や悲しみに見まわれた読者の皆さん。現在も困難を抱えている方が少なからずおられると思いますが、ほんの少しでも穏やかな気持ちで新聞を開くこ … 全文を読む

  • 10/
    06

    「増税カウントダウン」に違和感

     見てくれは同じだが、価値観がまったく違う世界へスリップしてしまったのだろうか。テレビを見ながら、そんな感覚におそわれました。消費税増税の前夜のことです。  テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト … 全文を読む

【まちやま・ひろみ】 1964年、東京生まれ。84年から放送作家として活動。バラエティーを中心にテレビ番組の構成を手掛け、現在は「有吉ゼミ」(日本テレビ)、「マツコの知らない世界」(TBS)などを担当。「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ)ではナレーターも兼任。コラム、エッセーも多数執筆。本紙「怪しいTV欄」は17年以上続く名物コラムに。著書に「怪しいTV欄」「イヤモスキー」など。


撮影:三浦憲治