信濃毎日新聞ニュース特集

新型コロナウイルス

2020年4月21日

運転免許更新 県内、21日から休止―Q&A 窓口・郵送で延長手続きを

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、21日から当面の間、県警の免許更新業務が休止されます。休止中に更新期限を迎える人は3カ月の延長手続きをしなければ免許が失効してしまうことに。具体的にどうすればいいか県警の担当者に聞きました。

 [Q] 延長の手続きはどこで受け付けているの?

 [A] 北信(長野市)、中南信(塩尻市)、東信(佐久市)の各運転免許センターのほか、更新業務を取り扱う警察署(長野南、佐久、塩尻の3署を除く19署)や交番(松代、丸子、臼田、高遠町、辰野町、池田町)の窓口で受け付けます。

 [Q] 手続きに要る物は何。

 [A] 運転免許証を持ってきてもらい、窓口で渡された申請書に日付と氏名、生年月日と更新期限を記入します。手続きの完了までは長くて10分ほどです。

 [Q] 他の方法はあるの。

 [A] 3親等以内の親族による代理申請や本人が簡易書留で郵送する方法もあります。この場合、県警ホームページ(https://www.pref.nagano.lg.jp/police/)に載せた委任状兼承諾書や申請書の印刷といった準備が必要です。

 [Q] 休止期間はどのくらい。

 [A] 県内の感染状況によるので、いつまで続けるかはっきりしません。更新期限が迫っている人は急いで手続きをしてください。

 [Q] 延期手続きが必要な人に連絡してくれないの?

 [A] それだけの事務作業をこなすのは物理的に難しいです。免許更新業務の休止にかかわらず、更新期限の40日前ころに通知はがきを発送するので、受け取ったら延長の手続きをする目安にしてほしいですね。問い合わせは県警東北信運転免許課(電話026・292・2345)へ。