全諏訪、逆転V 6年ぶり12度目

 
6年ぶりの優勝を果たし、ゴールテープを切る全諏訪のアンカー・友井悠人(アルピコ交通)=17日午後1時10分、飯田市の県飯田合同庁舎

 第68回県縦断駅伝(信濃毎日新聞社、長野陸協、県教委、信毎文化事業財団主催、NTT東日本長野支店、長野日産自動車など協賛)は17日、松本市から飯田市までの10区間98・5キロで最終日のレースが行われ、初日5位の全諏訪が通算タイム11時間42分22秒で逆転優勝した。5年連続2位だった前回までの雪辱を果たし、6年ぶり12度目の栄冠に輝いた。


 初日首位の上田東御小県に6分9秒差をつけられていた全諏訪は、13区の名和夏乃子選手(岡谷南部中)が区間1位で走り、追い上げ態勢に入った。上位との差を徐々に詰め、17〜19区の池田悠司選手(松本大)、西中山宏選手(大和電機工業)、今井亜祐実選手(諏訪市役所)が連続区間賞で2位に浮上。最長21区で牛山純一選手(茅野市役所)が区間新をマークしてトップに躍り出た。


 長野市が2分38秒差で2位に入り、初日3位から6連覇を狙った上伊那は3位だった。

(2019年11月18日掲載)


PDF号外

PDF号外

第68回長野県縦断駅伝競争は、全諏訪が6年ぶり12度目の優勝を果たしました。

STANDINGS&RESULT
大会記録【PDF】


県縦ニュース

≫記事一覧


CONTENTS
コンテンツ